Concierge Diary コンシェルジュダイアリー

  • Facebook
  • コンシェルジュブログ

スダジイの木

2017年1月15日

皆様こんにちは。

本日はよくお客様からご質問に頂きます、客室の通路から見えるブロッコリーのような形をした「木」についてご紹介をさせて頂きたいと思います。

私共ホテルはベランダ側は海側を向いておりますが、その反対側は山や木等の緑広がる大自然をご覧頂く事が出来ます。

そこに勢いよくそびえ立っている木がスダジイの木でございます。

スダジイは沖縄本島北部の森を構成する優占種で、沖縄の言葉で「イタジイ」とも呼ばれております。大きいものでは木の高さ約20m、幹の直径1mに達する広葉樹です。窓から眺めるスダジイの森は、樹冠がもこもことしてブロッコリーのようにも見えます。変わった形をしている為、目にとまるお客様が多いようでございます。

秋にはドングリを豊かに実らせ、冬の間には、エサの少ない森の動物たちにとっての貴重な食料になります。

また、昔は山での生業(なりわい)の主要な材木として、薪炭や建築用材として用いられ、やんばる地域の人々の暮らしも支えてきていたようです。

 

まだ見たことのないお客様も、ご来館の際には是非ご覧下さいませ。

Okinawa Spa resort EXESへのご来館をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

shokubutu5_img.jpg

コンシェルジュ

仲村 亜理沙